MENU

債務整理中に引っ越しするのはまずい?

借金の返済が立ち行かなくなって弁護士などを通じて、債務整理をお願いしたとします。

 

中には金銭的に困窮して今の賃貸住宅では生活できない、そこで引っ越しして家賃的に無理のないところにレベルを落としたいと考えている人もいるでしょう。

 

しかし債務整理の手続きをしている最中に引っ越しをするのは、場合によっては控えた方が良いかもしれません。

 

すでに賃貸住宅を借りたことのある人はご存知でしょうが、手ごろな部屋を見つけたら申し込みをします。

 

しかし申し込みをすれば確実に入居できるわけではありません。

 

入居審査というものが行われます。

 

入居審査をして、部屋を貸しても問題ないと判断された人に対して部屋は提供されます。

 

この審査に引っ掛かってしまう恐れがあるのです。

 

審査を行っているのが不動産業者や家主であれば、まず問題なく債務整理をしていても部屋は貸してくれるでしょう。

 

債務整理の情報は信用情報に事故情報として登録されています。

 

しかし審査の時に不動産会社や個人の家主がそのような照会をするケースはまずありません。

 

ただし問題なのは、家賃保証会社が絡んでくる場合です。

 

家賃保証会社に加入することが条件の場合、保証会社の審査を行います。

 

この場合信用情報機関に照会をする方法が普通ですから、債務整理の事実も知られ「十分な信用がない」として入居審査で落とされてしまいます。

 

引越しを検討しているのであれば、債務整理の手続きを行う前に引っ越し先の賃貸物件を確保しておくべきです。

 

その他には家賃保証会社の絡んでこない物件を探すのも一つの方法です。

 

そのような物件の傾向としては、日本全国にチェーン展開しているような大手の不動産会社ではなく、地域密着型の小規模不動産会社の方が多いとされます。

 

家族単位で経営している、一人でほとんど切り盛りしているような不動産会社で賃貸物件の紹介を受けた方が良いでしょう。

 

このように債務整理をする場合、引っ越しするにも慎重な姿勢で臨むことが求められます。

債務整理の種類で違ってくる引越しの可否

借金返済を自力で行うのが厳しくなっているのであれば、債務整理で問題を打開する方法も出てきます。

 

しかし債務整理をすると、いろいろと今まで普通にできていたことができなくなるのでは、と不安に感じる人もいるでしょう。

 

たとえば今までの家賃では支払いが厳しいので、引越ししてもう少し家賃の安いところに移り住もうと思っている人もいるでしょう。

 

債務整理と引越しですが、どの手法をとるかによって変わってきます。

 

まず債務者と債権者が直接交渉して、今後の返済計画を決める任意整理であれば、交渉途中で引越しをしても一切問題はありません。

 

別に債務整理をお願いしている弁護士や司法書士にそのことを伝えて、お伺いを立てる必要もないでしょう。

 

個人再生を選択した場合でも、手続き中に引越しは可能です。

 

ただし裁判所が入りますので、裁判所に対しては引越しをしたことを報告する必要があります。

 

通常は引越し先の住民票を取得して、裁判所に提出します。

 

弁護士や司法書士が代理で申請してくれるので、住民票を渡しましょう。

 

自己破産の場合、どの方法で破産手続きをするかで変わってきます。

 

処分する財産のない同時廃止であれば、個人再生同様裁判所に報告をすれば、問題なく引越しできます。

 

しかし破産管財人がついて、免責の前に自分の財産を処分する必要のある場合には、事前に裁判所に引越しの許可を得る必要があります。

 

破産管財人を通じて、裁判所に申請する形です。

 

やや手続きが面倒になるかもしれませんが、よほどの事情でもない限り、裁判所は引越しを認めてくれるはずです。

 

このように債務整理の手続きが完了していない段階でも、引越しをすることは可能です。

 

例えば自分の収入と比較して高めの家賃を支払わないといけない賃貸で暮らしているのであれば、家賃の安い部屋に引っ越して、今後返済の負担を少しでも軽減できる方向に持っていくことはプラスになるでしょう。

 

もし引越しに関して不安なことがあれば、代理人をお願いしている弁護士や司法書士に相談すれば、アドバイスしてくれるはずです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所