MENU

債務整理で減額交渉をするにはベテランの弁護士を

債務整理をする時には、まず借金の引き直し計算をします。

 

過去の借入と返済履歴を見て、利息制限法に則った金利で計算し直します。

 

もし違法金利で利息支払いをしていた場合には、元金から違法分を差し引きます。

 

このようにして借金の圧縮をして、また債務者が返済可能な返済計画を立てて、債権者側に減額交渉を行うわけです。

 

債権者側と直接交渉する任意整理の時に特に重要なのは、交渉をする弁護士です。

 

相手もこのような任意整理の交渉を何度も経験している人が出てきます。

 

このため、弁護士に任意整理の交渉の経験が少ないと相手側のペースでどんどん話が進んでしまう恐れがあります。

 

それくらい何度も経験をしている債権者側は巧みに交渉を進めます。

 

場合によっては、債務整理のための減額交渉をしたはずなのに却ってこちら側にとって不利な条件の返済計画にさせられてしまったというケースも実際に起こっています。

 

そこで弁護士などの専門家に仕事の依頼をする場合には、どの程度の債務整理の交渉経験を持っているのかをきちんと確認することです。

 

できれば、債務整理を専門的に行っている弁護士の方が交渉も上手なので、安心して任せられます。

 

弁護士事務所のホームページなどを見てみると、過去の経歴について掲載されています。

 

その中で過去にどのくらいの債務整理の交渉をまとめたことがあるのかを確認することです。

 

また打ち合わせや相談をする時に、弁護士の過去の実績をそれとなく聞いてみる方法もあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所