MENU

債務整理の前に代位弁済による口座凍結対策を

借入先が銀行の場合、融資を受けるにあたって、保証会社の保証をつけているはずです。

 

住宅ローンはもちろんのこと、カードローンなどにも保証会社をつけて契約をしているはずです。

 

保証会社とは一種の連帯保証人のようなもので、もし債務者が借金返済できなくなったら、代理で返済をします。

 

残債を一括で返済する義務があり、この返済を代位弁済といいます。

 

保証会社が代位弁済すると、今後は債権者が銀行から保証会社に代わり、請求が保証会社からくるようになります。

 

ところで返済困難になった場合、債務整理をする前に預金を引き出して残高をゼロにしておく必要があります。

 

債務整理を開始した段階で、債務整理を開始する旨の通知を債権者に対して行います。

 

この通知を受けると、銀行は代位弁済の手続きを行います。

 

そうなると口座が凍結されてしまうのです。

 

口座が凍結されるということは、全く預金を引き出せなくなってしまうわけです。

 

特に給与の振込先が凍結している口座になると厄介です。

 

勤務先に速やかに連絡を取って、別の口座に振り込みしてもらうように手続きを取らないといけません。

 

代位弁済の手続きをして、保証会社が返済をすれば再び使用できます。

 

しかし一時的でも使用できなくなると、生活費もままならなくなる恐れがあります。

 

銀行に対する借金の債務整理をする時には、お金を引き出しておいた方がいいです。

 

また弁護士に債務整理の相談をする場合には、保証会社の通知が来ているはずです。

 

こちらも手続きを進めるうえで重要な書類になるので、保管しておいてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所