MENU

債務整理にかかる着手金ってどのくらい?

借金の返済ができなくなってしまったのであれば、債務整理を真剣に検討すべきです。

 

債務整理は通常弁護士のような専門家に依頼して、手続きを進めてもらいます。

 

弁護士に依頼するにあたって、いろいろな費用をねん出しないといけません。

 

その中の一つに、着手金があります。

 

着手金とは、業務を受任するときに発生する契約金のような費用と思ってください。

 

着手金は弁護士事務所それぞれに、自由に設定しています。

 

しかし債務整理の場合相場はある程度決まっています。

 

債務整理には、大きく3つの方法があります。

 

それぞれの方法ごとに着手金の相場がいくらぐらいかを見ていきます。

 

任意整理をお願いする場合、着手金の相場は3万円程度だと思ってください。

 

ただしこれは借入先1件当たりの金額です。

 

もし3社から借り入れのある場合には、9万円程度かかります。

 

その他の2つの方法として、個人再生と自己破産があります。

 

いずれも着手金の相場は、40万円前後と思ってください。

 

自己破産の場合法律事務所によっては、60万円程度着手金を請求される可能性もあります。

 

また債務整理を行うときに、利息制限法に基づく利息の引き直しが行われます。

 

その中で過払いが発生するケースもあります。

 

この場合、債権者に対して過払いの返還請求ができます。

 

返還請求する場合の着手金は、20〜40万円が相場だと思ってください。

 

このように債務整理するにあたって、ある程度まとまったお金が必要なことは頭の中に入れておくべきです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所