MENU

債務整理して月々の支払いはどうなる?

任意整理や民事再生の場合、借金がなくなるわけではありません。

 

返済可能な計画を立て直して、その案をもとにして月々の返済をしていく形になります。

 

ところで、任意整理による債務整理を選択した場合、月々の支払い額はどの程度になるのでしょうか?

 

まず任意整理に関しては、まず弁護士と皆さんとの間で打ち合わせを行います。

 

そして皆さんの収入や生活費がどのくらいかかっているのかなどをヒアリングして、毎月返済できそうな金額の設定をします。

 

もし複数から借り入れを行っている場合には、月々返済可能な額をベースにしてそれぞれの業者に返済できるお金を決めます。

 

原則として3年間で完済できるのを前提にして、月々の支払い額を決めます。

 

それ以上でも債権者側が合意してくれれば可能ですが、交渉は難航することが多くなります。

 

民事再生の場合も原則は3年以内で返済をしないといけません。

 

そこで月々の支払額は借金を36等分した額がベースになります。

 

ちなみにもし違法な利率で返済をしている場合には、過払いが発生します。

 

その部分は元金の返済に充当されますので、引き直し計算すると借金が圧縮できる可能性があります。

 

任意整理に関しても同様で、不当な利息支払いをしている場合にはその部分は債務から差し引かれます。

 

もし弁護士の提示した月々の支払額が返済できない額になってしまうのであれば、ほかの方法で債務整理する方向を検討しないといけません。

 

このようにして、その人に合った債務整理の方法を模索していきます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所