MENU

債務整理の費用の相場はいくら位ですか?

債務整理にかかる費用として、自己破産であれば40万円〜60万円、過払い金であれば20万円〜40万円と言われています。

 

ただ、これらは債務整理の種類によって決まりますし、専門家の選び方次第で安くできますので、まずは減額できるかどうかを調べ、専門家の選び方を考え直す必要があります。

 

任意整理は主に借金の利息のカットとなりますので、比較的安くて済みます。

 

着手金として、債権者1社につき3万円前後(5社で15万円前後)、成功報酬が10万円前後となります。

 

個人再生は元金も含めて大幅にカットしますので、借金の額を5分の1〜10分の1にできることもあります。

 

こちらは着手金の相場が40万円前後で、成功報酬が減額された金額の10%〜20%となりますので、合計で40万円〜80万円前後となります。

 

自己破産は、免責対象とならない税金や公共料金の滞納等を除く、すべての借金をゼロにします。

 

精神的には楽になれますが、住宅などを持っていれば手放さなければなりませんし、財産があれば一部手放す可能性もあります。

 

こちらは、司法書士・弁護士へ支払う費用と、裁判所に支払う費用があります。

 

着手金の相場としては、40万円〜60万円前後、成功報酬の相場は0円ですので、40万円〜60万円が費用相場となります。

 

裁判所の費用として、予納金が10,290円、印紙費用として1,500円、切手費用として4,000円が相場となります。

 

これは、裁判所によって変わってきますので、裁判所に確認する必要があります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所