MENU

債務整理にかかる費用はいくらですか?

債務整理を司法書士・弁護士に依頼する際に気になるのが、費用の問題ではないでしょうか。

 

借金の返済と並行して債務整理費用を工面するのは難しいので、通常は債権の取立をストップさせてから債務整理の費用を払ってもらうことになります。

 

どの方法を選択するかにもよりますが、任意整理であれば基本報酬と減額成功報酬、定額事務雑費が必要になります。

 

破産であれば基本報酬と債権者加算、実費が必要になります。

 

個人再生であれば基本報酬と住宅資金特別条項加算、債権者加算、実費がかかります。

 

いずれにせよ基本的には分割払いを受け付けていますので、一括払いが難しいときには相談すれば交渉に応じてもらえます。

 

一番費用が安く済むのは特定調停です。

 

簡易裁判所で行うので、裁判所に申立書を提出する必要があります。

 

この申立書には収入印紙を貼らなければいけないので、その印紙代がかかります。

 

訴額(借金の総額がいくら減りそうかで決まります)によって決まり、訴額が100万円であれば5,000円ですが、実際にいくら減らせるのかというのは調停の段階では分からないので、1社につき500円徴収しています。

 

ですので、5社について特定調停を行いたい場合であれば500円×5社で2,500円の印紙代がかかることになります。

 

この他に郵便切手が1,450円必要で、債権先が1社増えれば250円加算されるので、5社分であれば1,450円+4社×250円で合計2,450円かかり、印紙代と合わせれば、合計で4,950円かかることになります。

 

これを専門家に依頼すると、司法書士であれば5万〜20万円、弁護士であれば10万〜30万円の報酬が別途必要になります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所