MENU

債務整理の目安になる返済期間とは

債務整理の中でも任意整理や民事再生という方法の場合、借金の圧縮は可能です。

 

しかし借金そのものがなくなるわけではありません。

 

返済計画を新たに立て直して、返済が現実的な条件に変えます。

 

ところで任意整理や民事再生による債務整理を選択した場合、返済期間はどのくらいになるのでしょうか?

 

任意整理にしても民事再生にしても、原則は月に1回の返済で3年以内の返済を目標として計画案が作られます。

 

逆に言えば、3年間で返済可能な計画が立てられない場合にはほかの方法で債務整理をする必要も視野に入れないといけません。

 

しかし3年という長い月日の中には、さまざまなアクシデントが襲ってくる可能性があります。

 

たとえば、けがや病気にかかってしまって仕事ができなくなり収入がゼロもしくは激減してしまう恐れもあります。

 

また勤め先の会社が倒産した、リストラに遭ったなどによって収入が途絶えるケースも考えられます。

 

家族の病気の治療のために、莫大な費用が発生して返済どころではなくなったという事態もあり得ます。

 

このような場合、当初予定されていた返済計画を履行できなくなる恐れがあります。

 

この場合、任意整理にしても民事再生にしても最大で5年間までの延長が認められます。

 

ただし延長が認められるのは、あくまでも特例と思ってください。

 

上で紹介したような不可抗力によるもので、返済がままならなくなったと判断された場合のみです。

 

もちろん個人の娯楽のためにお金を使って返済できなくなったなどでは、認められません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所