MENU

債務整理の途中で払えない場合どうなりますか?

債務整理を行うと、自己破産した場合を除いて、債務を3年位かけて分割で支払っていく必要があります。

 

債務整理には自己破産、特定調停、個人再生とありますが、その様々によって対応が異なってきます。

 

任意整理であれば突発な支出や、転職により収入の上下があったときには、どうしても支払えないということが出てきます。

 

今月分が難しいけれど、来月になれば支払えるというのであれば、即和解契約が無効になることはなく、そのまま支払いを継続できることがあるので、改めて債務整理をする必要はなくなります。

 

任意整理では、延滞額が支払額の2回以上になると、期限の利益を喪失するという項目が和解契約書に必ず記載されています。

 

ですので、延滞したことがあっても2ヶ月続けて滞納しない限りは大丈夫ですが、2ヶ月続けて支払いが滞ってしまった場合は、残りの債務を一括して支払う必要が出てきます。

 

リストラなどで支払えなくなってしまったら、再度任意整理することもできますが、収入がなければ任意整理もできませんので、その場合は自己破産か個人再生の申し立てを検討することとなります。

 

任意整理をした後に自己破産や個人再生を申し立てたからといって不利になることはありません。

 

いずれにしても、払えなくなった際は最初に依頼した司法書士もしくは弁護士事務所に相談してみることが一番です。

 

真摯に債務整理に応じてくれるところであれば、任意整理後でも相談に応じてくれるはずです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所