MENU

債務整理の中でボーナス払いは可能?

借金の返済が難しくなった場合、債務整理という方法を使って返済負担を軽減する方法があります。

 

自己破産をすれば、返済義務がなくなりますが、例えば任意整理や個人再生を選択した場合、今後も引き続き決められた額を返済していく必要があります。

 

この任意整理や個人再生による債務整理を希望した場合、ボーナス払いを取り入れることも可能です。

 

ボーナス払いを選択すれば、ボーナス月にまとめて返済してしまって、残りの月々の返済額を少なくできます。

 

たとえば会社に勤務している給与所得者で、なかなか給料が上がらない、子どもがいて教育費など出ていくお金も大きいという場合、月々の返済額が大きいとそれだけの資金を準備できないという人も出てきます。

 

そこで月々の金額を少なめにして、ボーナスが支払われたときに一気にまとめて返済していくという方式は人によってはメリットがあります。

 

また月々の返済金額を少なくして、余ったお金を貯蓄に回して、いざというときのために備えるという方法も使えます。

 

ただし債務整理の返済計画でボーナス払いを組み込む場合には、注意すべきポイントもあります。

 

その中でたとえば返済途中、何か計画を立てたときに想定していなかったアクシデントが起きた場合に柔軟な対応が難しくなる点は注意しておきましょう。

 

特に注意が必要なのは、ボーナスが当て込んでいた金額よりも少なくなった場合です。

 

ボーナスは会社の業績に応じて支給されるので、場合によってはボーナスがゼロになってしまうことも十分考えられます。

 

任意整理や個人再生による返済を選択した場合、返済期間は今後3〜5年程度続きます。

 

その間何かあっても良いような準備をしておく必要があります。

 

そのためには、あまり派手にお金を使うのではなく、必要最小限のお金の使い方にして、そのほかは貯蓄に回していざというときのためにプールしておきましょう。

 

自分が病気になって働けなくなるといったケースも考えられます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所