債務整理費用支払い

MENU
匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所
 

債務整理の費用・支払い記事一覧

債務整理を司法書士・弁護士に依頼する際に気になるのが、費用の問題ではないでしょうか。借金の返済と並行して債務整理費用を工面するのは難しいので、通常は債権の取立をストップさせてから債務整理の費用を払ってもらうことになります。どの方法を選択するかにもよりますが、任意整理であれば基本報酬と減額成功報酬、定額事務雑費が必要になります。破産であれば基本報酬と債権者加算、実費が必要になります。個人再生であれば...

債務整理にかかる費用として、自己破産であれば40万円〜60万円、過払い金であれば20万円〜40万円と言われています。ただ、これらは債務整理の種類によって決まりますし、専門家の選び方次第で安くできますので、まずは減額できるかどうかを調べ、専門家の選び方を考え直す必要があります。任意整理は主に借金の利息のカットとなりますので、比較的安くて済みます。着手金として、債権者1社につき3万円前後(5社で15万...

債務整理にかかる、司法書士・弁護士に支払う費用の分割払いを希望する場合、分割払いを受け付けしてくれる司法書士・弁護士事務所と受け付けしてくれない司法書士・弁護士事務所があります。自己破産であれば着手金の半額を最初に支払って、残りを数回の分割で支払う、3回〜6回程度均等の分割払いで受け付けているとか、長期(24回〜36回)分割払いにも対応可能というように、分割払いの方法はそれぞれの司法書士・弁護士事...

債務整理を行うときには、最初は債務整理に関する相談から始まりますが、多重債務に関して困っている人にとっては、相談費用が気にかかると思います。相談に関しては、弁護士事務所でも司法書士事務所でも相談費用として30分5000円〜数万円かかる場合もありますが、債務整理を依頼してくる人というのは、その支払いも困難であることが多いので、相談も無料で受付けている場合もあります。司法書士事務所や法律事務所にホーム...

債務整理を行う際には、まず債務整理に関する相談から始まります。しかし多重債務で困っている人にとっては、相談費用はかなりの負担になります。弁護士事務所や司法書士事務所では相談費用として30分5000円〜数万円必要なこともあります。しかし、債務整理を依頼する人は、その支払いすら難しいことが多く、無料で相談受付している場合もあります。司法書士事務所や法律事務所のホームページでは、たいてい法律相談の費用に...

債務整理を行うと、自己破産した場合を除いて、債務を3年位かけて分割で支払っていく必要があります。債務整理には自己破産、特定調停、個人再生とありますが、その様々によって対応が異なってきます。任意整理であれば突発な支出や、転職により収入の上下があったときには、どうしても支払えないということが出てきます。今月分が難しいけれど、来月になれば支払えるというのであれば、即和解契約が無効になることはなく、そのま...

借金の返済ができなくなってしまったのであれば、債務整理を真剣に検討すべきです。債務整理は通常弁護士のような専門家に依頼して、手続きを進めてもらいます。弁護士に依頼するにあたって、いろいろな費用をねん出しないといけません。その中の一つに、着手金があります。着手金とは、業務を受任するときに発生する契約金のような費用と思ってください。着手金は弁護士事務所それぞれに、自由に設定しています。しかし債務整理の...

債務整理の中でも任意整理や民事再生という方法の場合、借金の圧縮は可能です。しかし借金そのものがなくなるわけではありません。返済計画を新たに立て直して、返済が現実的な条件に変えます。ところで任意整理や民事再生による債務整理を選択した場合、返済期間はどのくらいになるのでしょうか?任意整理にしても民事再生にしても、原則は月に1回の返済で3年以内の返済を目標として計画案が作られます。逆に言えば、3年間で返...

任意整理や民事再生の場合、借金がなくなるわけではありません。返済可能な計画を立て直して、その案をもとにして月々の返済をしていく形になります。ところで、任意整理による債務整理を選択した場合、月々の支払い額はどの程度になるのでしょうか?まず任意整理に関しては、まず弁護士と皆さんとの間で打ち合わせを行います。そして皆さんの収入や生活費がどのくらいかかっているのかなどをヒアリングして、毎月返済できそうな金...

借金の返済が難しくなった場合、債務整理という方法を使って返済負担を軽減する方法があります。自己破産をすれば、返済義務がなくなりますが、例えば任意整理や個人再生を選択した場合、今後も引き続き決められた額を返済していく必要があります。この任意整理や個人再生による債務整理を希望した場合、ボーナス払いを取り入れることも可能です。ボーナス払いを選択すれば、ボーナス月にまとめて返済してしまって、残りの月々の返...