MENU

任意整理をするとどうなるの?

任意整理とは、借金が返せなくなったときに、お金を借りている会社と返済方法や返済額について交渉し、完済しやすくする手続きのことをいいます。

 

借金を返せなくなったら債務整理をしますが、債務整理の中でも、もっともメリットが多く、デメリットの少ない解決法だといえるでしょう。

 

任意整理をすると、まず、一時的に借金を支払う義務がストップします。

 

そして、返済を促す取り立ても止まります。

 

弁護士や司法書士は、任意整理の依頼を受けたことを、それぞれの金融会社に知らせる受任通知を送ります。

 

消費者金融や銀行などの貸金業者は、受任通知を受け取ったら取り立てを止めるよう法律で定められているからです。

 

また、裁判所を通さずに交渉を進めますので、他の債務整理に比べて手続きが簡単で、家族に内緒で手続きを進めることも可能です。

 

最大のメリットは、借金の総額を減ることです。

 

利息制限法で決められた利息を元に、借金の減額交渉を行い、同時に今後の利息をカットするよう求めます。

 

これで減らした借金を、通常は3年から5年かけて分割払いで返していくので、借金の総額も月々の返済額も少なくなるのです。

 

また、高利で借りていて利息を払いすぎている場合は、過払い金の請求ができますので、完済をしても手元にお金が残る場合があります。

 

デメリットは、任意整理後、約5年間は信用情報に記録が残るため、お金を借りることができないことです。

 

任意整理の記録が消えると、以前と同様にローンやクレジットカードを作れるようになります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所