MENU

任意整理、その後またお金は借りられる?

任意整理をすると、その後5年ほどは信用情報に記録が残ります。

 

信用情報とは、金融機関がお金を貸すときに、その人の信用度を判断するために利用する個人情報です。

 

現在、国内に3社ある信用情報機関が、個人情報を収集・管理しており、加盟している貸金業者に対して情報を提供しています。

 

貸金業者が最も恐れるのは貸し倒れですから、少しでも信用情報に傷があると、リスクを恐れてお金を貸してくれなくなります。

 

ですからこの期間は借金を申し込んでも、ほとんどの金融機関は審査を通しません。

 

カードローンやクレジットカードだけでなく、住宅ローン自動車ローンなどの分割払いも、審査に通らないと覚悟しておきましょう。

 

なかには、信用情報に記録が残っていても貸してくれる貸金業者もありますが、法外な高利でお金を貸すヤミ金業者である可能性もあります。

 

ブラックリストに載っていても貸しますと勧誘してくる貸金業者からは、お金を借りないようにしてください。

 

不景気が長引き、多重債務が社会問題となりました。

 

多重債務を防ぐために、金融庁が貸金業者の規制を強めたため、お金を借りるときの審査は厳しくなっています。

 

任意整理をしなければならないほどの多重債務に陥った人なら、気軽に借りられる借金がどれほど自分を苦しめたか、十分に理解されていると思います。

 

完済した瞬間に訪れた、開放感がどれほど大きかったかも痛感されているでしょう。

 

信用情報から記録が消えるまではお金を借りない覚悟で、新しい人生を踏み出してはいかがでしょうか。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所