任意整理ペナルティ

MENU

任意整理のペナルティとは?

任意整理をすると、これまで苦しんでいた多重債務から開放され、月々の返済も楽になります。

 

3年から5年間で完済を目指しますから、返済期間も短くなります。

 

しかも他の債務整理よりも、ペナルティが少ないのです。

 

会社勤めやアルバイトなどで定期的な収入がある人は、任意整理で借金問題を解決することをおすすめします。

 

任意整理には次のようなメリットもあります

 

まず、借金の取り立てが止まります。

 

和解交渉が成立するまでは、借金を返済する必要はありません。

 

また、借金の残高を減らせます。

 

高利で長期間にわたって借りていた場合は、過払い金の返還請求で借金がゼロになったり、お金が戻ってきたりする場合もあります。

 

このようにメリットはたくさんあるのですが、ペナルティはほとんどなく、たった一つだけといっても過言ではありません。

 

そのたった一つのペナルティとは、任意整理をしてから約5年間、ブラックリストに載ってしまうということです。

 

債務整理をすると、そのことが信用情報に記録されますから、記録が消えるまでは、金融機関は返済能力なしとみなして、お金を貸してくれないのです。

 

しかし、いくつもの消費者金融などからお金を借りて、借金が膨れ上がってしまったら、ペナルティを恐れずに、すぐに債務整理ににとりかからないと、傷はますます深くなます。

 

このままでは生活が立ちゆかなくなることは目に見えているのですから、一日でも早く借金問題の解決にとりかかりましょう。

 

裁判所を通さずに交渉するので、家族にバレる心配も不要です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所