MENU

任意整理をしたらマンション購入は無理?

任意整理をした後、約5年間は信用情報に記録が残ります。

 

金融機関からブラックと判断され、お金を借りることも、ローンを組むこともできません。

 

マンション購入のために住宅ローンを申し込んでも、しばらくは審査に通らないでしょう。

 

マンション購入は、人生の中でも最も大きな買い物の1つです。

 

老後のことを考えると、一日でも早くローンを組みたいと思うでしょうが、しばらくは我慢です。

 

ローンが組めるようになるまで、頑張って貯金することをおすすめします。

 

少しでも多くの頭金をためておけば、いざローンを組んだときに、返済が楽になります。

 

家族に内緒で債務任意をしている人は、配偶者などがマンション購入のためにローンの申し込みをしたときに、そのことがバレる可能性があります。

 

ローンの保証人になっても審査に落ちますし、任意整理を進めている金融会社にローンを申し込んだ場合は、特にバレる確率が高くなります。

 

では、任意整理をする前にマンションを購入していて、ローンがまだ残っている人はどうなるのでしょうか?

 

この場合は、住宅ローンだけを残して、ほかの借金を整理するのが一般的です。

 

そして住宅ローンの返済計画を見なおし、リスケジュールをして月々の支払いを少なくしてもらうよう、ローン会社と交渉します。

 

住宅ローンが残っていると、任意整理の返済とローンの返済を両立させなければいけないので大変ですが、大切なマイホームを守るためにも頑張りましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所