任意整理個人信用情報

MENU

任意整理で気になる個人信用情報

お金を借りたりローンを組んだりするときに、金融機関は個人信用情報を参考にして、融資を行うかどうかを判断しています。

 

個人信用情報には、カードローンや、クレジットでのショッピング、自動車などのローンの借り入れ状況と返済状況など、これまでの借り入れ履歴が登録されています。

 

これを見ると、毎月決められた期日にきちんと返済されているかどうかが確認できます。

 

個人信用情報は、現在国内では3つの機関が収集管理し、加盟会社に提供しています。

 

主にクレジットカードや消費者金融、リース会社、携帯電話会社などが加盟している株式会社シー・アイ・シー。

 

主に銀行、政府の金融機関、信用保証協会などが加盟している全国銀行個人信用情報センター。

 

主に貸金業、ローン会社などが加盟する 株式会社日本信用情報機構(JICC)の3社です。

 

任意整理をするとブラックリストに載ると言われますが、3カ月続けて借金やローンなどの返済が遅れた場合や、債務整理をした場合は、ブラックリストに載ります。

 

これを事故情報と呼んでいます。この事故情報が消えない限り、新たにお金を借りたり、ローンを組んだりすることはできません。

 

個人信用情報に事故情報が登録されても、一生それが消えないわけではありせん。

 

任意整理の場合は、通常5年たつと事故情報が抹消されて、ブラックリストから外されます。

 

個人情報は本人が見ることもできます。

 

開示を求める手続きをとり手数料を払うと、自宅まで簡易書留などで郵送してくれます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所