MENU

任意整理をすると引越しできないの?

任意整理をすると引越しができなくなるのではと心配する人がいますが、任意整理の手続き中でも任意整理後でも、いつでも制限なく引越しできます。

 

債務整理で引越しができないのは、自己破産をした場合に破産管財人がついている人です。

 

この場合でも破産管財人を通じて、裁判所に転居の許可をもらえば、引越しすることは可能です。

 

任意整理ではこのような規制はまったくありませんから、心配は無用です。

 

しかし例外的に、任意整理をしたためにブラックリストに載ってしまい、賃貸契約が結べないケースもあります。

 

それは、家賃の支払いをクレジットカード決済にしている場合です。

 

債務整理をすると約5年間、事故情報として信用情報に記録され、ブラックリストに載ります。

 

金融機関はブラックの人にクレジットカードを発行しませんから、しばらくの期間はクレジットカードを持つことできません。

 

家賃の支払いにクレジットカードを使えないので、契約条件に合わず入居を断られることがあるのです。

 

また、保証人に家賃保証会社を付けるところも、審査に通らないことがあります。

 

その家賃保証会社が不動産家賃専門の会社であれば、審査に通る可能性は高いでしょう。

 

信用情報機関に加盟している金融会社でなければ、信用情報にアクセスできないからです。

 

しかし、信販会社が家賃保証を行う場合は、信用情報にアクセスできるので、審査に通らないのことがあります。

 

ケースバイケースですが、このことを頭に入れておいたほうがいいでしょう。

任意整理後の引っ越しでの注意点

任意整理を行った後、色々な理由で引っ越しをしなければならなくなることもあります。

 

引っ越しをすれば、引っ越し先で不動産賃貸契約を新しく結ぶことになります。

 

任意整理をするとブラックになって新しいローン契約が難しくなるので、不動産賃貸契約に影響が出ないか心配になる人も多いです。

 

ですが、信用情報の照会が可能なのはクレジット会社、信販会社、銀行などの金融機関に限られますので、不動産業者はその人がブラックになっているかどうかを知ることはありません。

 

つまり、任意整理が入居審査に影響することはないのです。

 

ただし、例外があることに注意が必要です。

 

その1つは、マンションやアパートの家賃支払いがカード決済限定の場合です。

 

物件によっては、家賃の支払い方法が限定されていて、カード決済のみの物件もあるのです。

 

そういう物件では、当然ながらクレジットカードを持っていないと家賃の支払いができません。

 

任意整理によってクレジットカードが全て整理されているというような場合、このような物件に入居するのは難しいと言えます。

 

不動産業者にクレジットカードを持っていないと相談することで、デビットカードで対応してくれる場合もありますので、話してみると良いでしょう。

 

もう1つの例外は、契約時に保証人の代わりに保証会社を要求された場合です。

 

最近は、このような不動産業者が少なくないので、保証人ではなく保証会社による保証が条件となっている場合は、契約に影響が出ることもあります。

 

その保証会社にもよりますが、もし信販系の保証会社を指定されている場合、信用情報の照会をされるので保証が受けられない可能性があるのです。

 

信販系以外だと、賃貸保証機構や賃貸保証協会の保証会社もあり、信販系に限定されていない場合はそれ以外の保証会社でお願いするようにします。
保証会社を通すと保証料が必要となりますが、敷金などの費用が不要になる、割引されるなどメリットもあります。

 

なお、保証料は信販系の保証会社の方が安いことが多いです。

 

入居審査は不動産業者によって色々なので、気になる場合はまず情報を集めておくと安心です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所