任意整理後住宅ローン

MENU

任意整理後の住宅ローンについて

任意整理で借金を完済した後、マイホーム購入のために、住宅ローンを組みたいと考える人は多いでしょう。

 

しかし、任意整理後5年くらいはブラックリストに載りますから、ローンを組むことはできません。

 

ブラックリストとは、信用情報に任意整理などの事故情報が載ることです。

 

事故情報が載ると返済能力の低い人と判断されますから、なかなかお金を貸してもらえないのです。

 

しかし、約5年たつと事故情報が消えますから、その後は、お金を借りたりローンを組んだりすることが可能です。

 

とはいえ、住宅購入はとても大きな買い物です。

 

返済期間も長期間にわたりますから、途中で住宅ローンの返済ができず、家を手放す人も増えています。

 

このような状況もあり、ローン会社の審査は、他のローンよりも慎重に行われます。

 

任意整理をした金融機関に住宅ローンを申し込んだ場合、審査に通らないことも考えられるのです。

 

しかし、任意整理をしていない金融機関に申し込めば、審査に通る可能性が高くなります。

 

住宅ローンの申し込みをする前に信用情報を確認をして、ブラックリストから外れているかどうかを確認することもできます。

 

信用情報機関に本人開示の申請手続きを取ると、自分の信用情報が郵送されてきます。

 

しかし信用情報は、あくまでも審査の判断基準の一つに過ぎません。

 

現在の経済状況や、将来的にも収入が安定しているかなど、さまざまな角度から審査されます。

 

このためブラックリストに載っていなくても、住宅ローンの審査に通らない場合もあります。

任意整理後の住宅ローンを組むためのコツは?

任意整理をすれば、借金を大幅に圧縮することもでき、今までよりも返済の負担を軽減できる可能性があります。

 

自分で返済をするのが難しくなっているのであれば、任意整理で問題解決するのも一つの方法です。

 

ただし任意整理をしてしまうとブラックリストに載るとよく言われますが、いわゆる信用情報に事故情報が掲載されます。

 

事故情報が載っていると、クレジットカードもローンも利用できなくなります。

 

ただし任意整理による事故情報ですが、任意整理をしてから5〜7年経過すれば抹消されます。

 

一切痕跡も残らないので、任意整理後の住宅ローンを組むことも十分可能です。

 

ただし任意整理後の住宅ローンを組むにあたって、注意すべきことがいくつかあります。

 

まず任意整理をした債権者が関係している所で申し込みをしないことです。

 

実は各金融機関では社内ブラックといって、過去融資をした相手が債務整理などをした場合、その情報をデータベースに登録していることが多いです。

 

しかもこの社内ブラックは信用情報のように何年経過したらなくなるといったことはなく、半永久的に載り続けると言われています。

 

過去任意整理をした金融機関で住宅ローンを申し込んでも、ほぼ審査クリアすることはないわけです。

 

特に注意したいのは、消費者金融系のローンの借金を任意整理した場合です。

 

最近では大手の消費者金融を中心として、銀行の傘下に入っているケースも少なくありません。

 

そして住宅ローンの審査を傘下の消費者金融が担当しているケースもあります。

 

たとえばアコムは三菱東京UFJ銀行、プロミスは三井住友ファイナンシャルグループ、モビットは三井住友銀行といった感じでつながりがあります。

 

過去消費者金融の任意整理をした場合には、このようなグループ関係も理解して申込先を決めることです。

 

5年とか7年というと、いつから事故情報がなくなるか、正式な月日はわからないかもしれません。

 

信用情報は自分のものであれば開示請求できるので、事故情報が本当に消えているか確認してから住宅ローンの申し込みをすると良いでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所