MENU

任意整理をした後のローン申請について

任意整理は他の債務整理と比べてメリットが多く、デメリットの少ない借金整理法です。

 

借金の総額を減らして、月々の返済額も無理のない範囲で堅実に返していくので、経済的にも楽になります。

 

また、取り立てもやみますから、精神的にも安定した生活が送れるようになります。

 

唯一のデメリットは、ブラックリストに載ることです。

 

任意整理後5年くらいは、金融機関が利用する個人信用情報に、任意整理をした記録が事故情報として残ります。

 

これをブラックリストに載ると呼んでいますが、このような状態になるとお金を貸してもらえません。

 

金融機関はお金を貸したりローンを組んだりするときに、個人信用情報を調べます。

 

債務整理などの事故情報が残っている間は、返済能力が低いと判断されますから、自動車やマイホーム購入を目的にローンを申し込んでも、審査に通らないのです。

 

しかし、この期間がすぎれば記録は消滅します。

 

その後は任意整理が原因で融資を断られることはありません。

 

債務整理をした人は、借金の怖さや返済できない苦しさを、身を持って体験したはずです。

 

安易にお金を借りないクセをつけましょう。

 

しばらく借金ができないことを悔やまずに、無借金で健全な経済状態に戻ったと、前向きに考えてください。

 

任意整理後、数年間はローンが組めないなら、ローンを返済しているつもりで、その分を貯金に回しましょう。

 

少しでも多くの頭金をためておくと、ローンを組んだ後の返済が、楽になるのではないでしょうか。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所