MENU

任意整理の手続きをした後の破産

任意整理の手続きをした後で、病気やリストラなどにあい、収入が激減することがあります。

 

返済期間は3年から5年と長く続きますから、途中で返済できなくなる人もいるのです。

 

返済が遅れたら、すぐに担当の弁護士や司法書士に相談しましょう。

 

和解条件として、2カ月以上支払いが遅れたら、その場で一括返済をするなどの条件がつけられていますから、早めの対処が大切です。

 

今月だけ返せないが、来月からはいつもどおり返せるなら、金融業者に事情を説明して、支払いを待ってもらうことも可能です。

 

しかし、収入が途絶えたなどの利用で、もうこれ以上支払えなくなったら、自己破産などの方法で債務整理を行う必要があります。

 

任意整理で交渉を行い、和解が成立して返済が開始されるまで、3カ月から6カ月くらいかかります。

 

弁護士にもよりますが、実際に返済が開始されるまでの期間は、依頼者のための専用口座に、月々の支払額を決めてお金を振り込み、いざというときの蓄えにするケースもあります。

 

依頼者が、毎月決められた日に、きちんと支払えるだけの能力があるかを確認する目的もあるのですが、万が一支払いが遅れた場合、このお金を返済に充てることもできます。

 

担当の弁護士や司法書士は、依頼者の借金の状況や返済能力をよく知っていますから、素早く対応してくれます。

 

自己破産などに切り替えるときの費用が心配な方は、支払いのことも相談してください。

 

どうしても支払えない場合は、国の相談窓口である法テラスを活用して、弁護士費用を一時的に立て替えてもらうなど、解決方法は必ずあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所