任意整理できない人

MENU

任意整理ができない人とは?

多重債務などで借金の返済ができなくなったときに、任意整理をすると返済が楽になります。

 

しかし、誰もが利用できるわけではなく、任意整理ができない人もいます。

 

任意整理とは、借金トラブルを解決するための債務整理の一つです。

 

法律で定められた上限金利より高い金利で返済してきたお金を過払い金として請求したり、将来支払うべき利息を免除してもらって借金の残高を減らし、返済の負担を軽くする手続きです。

 

減額された借金を、通常は3年から5年かけて月々の分割払いで完済します。

 

このため、安定した収入が見込める人でなければ、数年間にわたる返済を続けていくのは難しいでしょう。

 

無職の人は、家族などの助けがあれば別ですが、収入が見込めない場合は自己破産を選ぶ方が無難です。

 

任意整理は、お金を借りている会社との交渉によって和解を行いますから、交渉に応じない会社の場合、手続きが取れないケースもあります。

 

借りたお金を一度も返していない場合や、担保が付いている場合は、和解交渉に応じない会社もあるからです。

 

任意交渉で減額を要求するときは、これまで支払ってきた利息が、法律で定められた利息の上限を上回る場合に、その超過分を元金から差し引く方法をとります。

 

大手の銀行などでは、法律で決められた上限利息よりも低い利息で貸しているところがほとんどですから、減額交渉をしても借金残高が減らない場合もあります。

 

しかし、残った借金の利息をカットするよう交渉できますので、まったくメリットがないわけではありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所