任意整理クレジットカード使用

MENU

任意整理中でもクレジットカード使用できる?

任意整理をしたら、その後一生クレジットカード使用が認められないわけではありません。

 

しかし約5年間はクレジットカードを新規で作ることはできないと覚悟しましょう。

 

また、クレジットカードのショッピング機能を残して、キャッシング機能だけを整理することも不可能です。

 

任意整理の手続きは会社との交渉ですから、その会社からお金を借りるすべての契約が対象となります。

 

任意整理を弁護士司法書士に依頼すると、その時点でクレジットカードにハサミを入れて使えなくするよう、アドバイスをする人がほとんどです。

 

債務整理を決意した時点で、一切の借金をせずに、返済に専念する覚悟が必要なのです。

 

カードがないと不便だからといって、クレジットカードだけを債務整理の対象から外しても、そのカードが使えなくなる可能性は、非常に高いといえます。

 

審査の甘い信販会社のクレジットカードなら使える場合もありますが、ほとんどのクレジット会社は、たとえ他社の任意整理であっても、債務整理を始めたことを知った時点で、カードの有効期間内であってもクレジット決済できないようにします。

 

どうせ使えないなら、債務整理をして返済額を圧縮した方が、はるかに負担が軽くなります。

 

クレジットカードがないと不便だという人は、デビッドカードを利用してはいかがでしょうか。

 

デビットカードとは、銀行が発行するキャッシュカードを使ってショッピングができるサービスで、カードを使った瞬間に、代金が自分の銀行口座から引き落とされるシステムです。

 

借金ではありませんから、審査なしで作成が可能です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所