MENU

任意整理をしたら賃貸契約は結べないの?

借金が返せなくなって任意整理を行うと、金融機関が利用する個人信用情報に傷がつき、ブラックリストに載ってしまいます。

 

こうなると、クレジットカードやローンの申し込みをしても審査に通らず、お金を貸してくれません。

 

このため、ブラックリストに載ることをとても怖がる人がいるのですが、約5年で任意整理をした記録は消えますから、一日も早く債務整理に取りかかったほうが、楽になるのではないでしょうか。

 

個人信用情報は、信用情報機関が収集、管理をしています。

 

この情報は大切な個人情報ですから、信用情報機関に加盟している金融機関などと本人以外は閲覧できません。

 

また、金融機関などがお金を貸す以外の目的で、個人信用情報を見ることも違反とされています。

 

お金を貸す目的以外には信用情報は使われませんから、安心しましょう。

 

賃貸契約を結ぶときも、ブラックリストに載っていることがバレる心配はありません。

 

しかし、家賃の支払いシステムによっては、例外として、賃貸契約が結べないケースも出てきました。

 

それは、家賃をクレジットカードで支払う場合の賃貸契約です。

 

クレジット会社は信用情報機関に加盟していますから、ブラックリストに載っている期間は、クレジットカードを作れません。

 

また、賃貸契約時に家賃保証会社を付ける場合も、契約が結べない場合があります。

 

保証会社が信販系の会社の場合、信用情報にアクセスして審査を通さなかったという事例が報告されています。

 

本来、賃貸契約が目的で信用情報にアクセスするのはルール違反なのですが、信販系の場合はアクセス権があるので、断られてしまうケースがあるのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所