MENU

任意整理中は郵便物に注意!

住宅ローンや車のローン、教育ローンであれば家族も周知の事実でしょうからばれても何ら問題はないでしょう。

 

しかし、自分のための借金で家族に内緒にしているのであれば絶対にばれたくないものです。

 

借金が多くなると返済額が増えます。

 

返済が遅れがちになったり、返済が滞ったりすると金融業者から郵送で催促状が送られています。

 

郵便物によって借金があることがばれる可能性は非常に高いです。

 

借金返済がままならなくなった場合は任意整理を考えるでしょう。

 

弁護士や司法書士に任意整理を依頼した場合、金融業者からの郵送物は止まります。

 

自宅に送られてこなくなるので、郵便物で借金がばれる心配は無くなります。

 

ただし弁護士や司法書士から郵送物が届くことがあります。

 

債権者との和解書(和解契約書)や、請求書、委任契約書、再生計画書などの書類が送られてきます。

 

法律事務所の名前入りの封筒で届きますので家族が見れば不信に思うでしょう。

 

家族に問い詰められて仕方なく、自分の口から借金があり任意整理をしたことをばらしてしまう人もいるようです。

 

法律事務所から郵送物を自宅に送るときには肩書なしの個人名で送ってもらうようにするなど、あらかじめ取り決めておけば家族見郵便物を見つかってもあらぬ誤解を受けることはありません。

 

郵便での送付を行わず、すべての書類を法律事務所に直接取りに行くようにする方法もあるでしょう。

 

借金問題は、債権者からの郵便物がきっかけで家族にばれることが非常に多いです。

 

絶対家族にばれたくないなら、任意整理中、司法書士や弁護士との郵便物のやりとりに工夫をしましょう。

 

任意整理の場合で、自分の収入により返済が可能なのであれば、あえて家族等に相談する必要はありませんが、自身の収入で返済をしていくのが不可能で、自己破産を選択することとなった場合は配偶者に知らせずして自己破産をすることは難しいかもしれません。

 

この場合には家族に隠しごとをせずに話をしたほうが良いでしょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所