MENU

任意整理で示す和解案とは?

多重債務などで借金の返済ができなくなったら、弁護士や司法書士に任意整理を依頼しましょう。

 

弁護士や司法書士は任意整理を依頼されたら、依頼人の代わりに、借金を返済しやすいようにさまざまな交渉を行って和解を目指します。

 

この交渉のときに用意するのが、和解案です。

 

和解案は、これまでのお金のやりとりの履歴を相手の金融会社に提示してもらい、それをもとに適正な金利に引き下げて再計算をし、借金額を減らしてもらうよう交渉する提案です。

 

交渉次第で減額率が上がったり下がったりしますから、妥当な和解案を作成して、依頼者が少しでも有利になるように、きっちりと交渉を進めてくれる弁護士や司法書士に依頼する必要があります。

 

任意整理が苦手な弁護士などに頼むと交渉も弱気になりますから、有利な条件で和解交渉を進めることができない場合があります。

 

また、和解案に応じない強気な金融会社があっても、粘り強く交渉を続けてくれませんから、その会社との交渉が決裂する可能性も高くなります。

 

和解案に近い条件を勝ち取ってくれる法律事務所を探しましょう。

 

任意整理の経験が豊富で、借金で苦しむ依頼者を少しでも助けたいという使命に燃えている法律事務所なら、一度交渉が決裂しても、何度も再交渉してくれるはずです。

 

任意整理に強い法律事務所のホームページでは、これまでの解決例や借金ドラブル解消のための詳しい情報が記載されています。

 

そのような法律事務所を探して、一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所