任意整理残債あり

MENU

任意整理で残債ありの場合

法律で決められた上限金利よりも高い利息で借りた借金は、無効になると決められています。

 

これまでに払ってきた返済金を、過払い金として返すように返還請求できるのです。

 

残債ありの場合でも請求できますから、任意整理を行うときに過払い金を請求することも可能です。

 

この場合は借金が大幅に減ったり、借金が0円になったりすることがあります。

 

長期間、高い金利で借りていた人は、その上さらに過払い金が手元に残る可能性もあるのです。

 

任意整理をしたら、その情報が約5年ほど個人信用情報に登録され、ブラックリストに載ってしまいます。

 

しかし借金を完済している人が、過払いに気づいて、改めて過払い金の返還請求をする場合は、借金を全額返済しているのですから、ブラックリストに載ることはありません。

 

以前は、完済後に過払い金を請求してもブラックリストに載っていました。

 

しかし、2010年に法律が変わり、完済後に返還請求をしてもブラックリストに載らなくなったのです。

 

しかし、消費者金融への締め付けが厳しくなったので、経営が立ち行かなくなり、会社が合併して以前借りていた会社の営業形態が変わっているところ多くなっています。

 

吸収合併などで違う社名になっている場合は、残債ありとみなされる場合もあります。

 

残債がない場合でも、過払い金の返還請求を行うときには、弁護士や司法書士に相談して、残債の有無を確認しましょう。

 

残債ありに気づかず、うっかり過払い金を請求してしまうと、ブラックリストに載ってしまいます。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所