MENU

任意整理のやり方-解決までの流れ

多重債務に陥って返済が苦しくなったら、任意整理をして負担を軽くさせましょう。

 

任意整理とは、借りている金融会社と交渉して、借金を返しやすくする手続きです。

 

任意整理の着手は、弁護士や司法書士に依頼すれば、それでOKです。

 

まず、弁護士や司法書士と面談で、お金を借りている消費者金融やクレジット会社などの名前と、何年くらい借りているのかなど、現在の借金の状況を説明します。

 

弁護士や司法書士は、借りている金融機関に連絡し、取り立てや返済をストップさせ、取引履歴の開示を求めます。

 

開示までには通常、1カ月から3カ月くらいかかります。

 

取引履歴が開示されたら、これをもとに法律で決められた上限金利に基づいて、引き直し計算と呼ばれる方法で、本来あるべき借金の額を算出します。

 

このときに、過払い金が発生していれば、相手の金融会社に過払い金の返還請求も行います。

 

この時点で改めて返済計画を立て、それに沿って金融会社と交渉をし、和解を成立させます。

 

和解の成立までには、3カ月から半年くらいかかる場合もありますが、この間は返済をする必要はありません。

 

和解が成立したら、そこから3年から5年くらいかけて、月々の分割払いで返済していきます。

 

これで借金を完済すれば、任意整理は完了です。

 

依頼人がすることは、任意整理にとりかかるまえに、借金のある銀行の預金口座からお金を引き出し、給料の振り込みや自動引き落としをしている場合は、他の口座に変更すること。

 

そして、和解成立後に毎月、返済を行うことだけです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所