MENU

任意整理で連帯保証人がいる借金はどうなる?

任意整理をするときに、その借金に連帯保証人がいる場合は、相手に迷惑のかからない方法を選ぶ必要があります。

 

任意整理を行っても、連帯保証人の返済義務はなくならないので、連帯保証人になってくれた人が借金を支払うことになります。

 

このような迷惑をかけないように、連帯保証人のいる借金だけを残して、他の借金の任意整理を行うのが一般的です。

 

このようなケースでは、必ず完済をするぞという強い覚悟が必要です。

 

債務整理のための月々の弁済と同時に、残した借金を今までどおりの条件で返していかなければならないからです。

 

万が一、途中で返済できなくなった場合は、他の債務整理に手続きを切り替える必要があります。

 

返済できなくなったら自己破産を選ぶケースが多いのですが、自己破産をすると借金の返済は連帯保証人になってくれた人が肩代わりしなければいけません。

 

このような事態になると、たとえ親兄弟や親友であっても、関係がこじれる可能性が高いので、強い覚悟をもって借金整理にとりかかりしまよう。

 

任意整理は、裁判所を通さずに直接交渉を進めますから、債務整理が得意な弁護士司法書士に頼む必要があります。

 

借金で苦しんでいる人の役に立ちたいと強く願っている弁護士なら、少しでも依頼人が有利になるように頑張って交渉してくれるはずです。

 

そのような使命感にあふれる専門家に依頼してください。

 

そして、保証人がいることを隠さずに説明して、適切な対策を練ってもらいましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所