MENU

任意整理を頼んだらどんな流れで手続きを行うの?

任意整理を弁護士や司法書士に頼むと、どのような流れで手続きが進められるのでしょうか。

 

まず、依頼前に相談を行います。ほとんどの法律事務所が、依頼前の無料相談を実施しています。

 

このときに借り入れ状況などの説明をして今後の対策を練り、相談結果に満足が行けば正式に依頼を行います。

 

そして任意整理に取り掛かる前に、借り入れをしている銀行の預金口座からお金を引き出し、給与の振込口座や公共料金などの自動引落口座に指定している場合は、借り入れをしていない銀行や信用組合などの預金口座に変更をする手続きを行います。

 

引落口座の変更手続きは、自分で銀行窓口に出向いて行います。

 

預金口座の移動が終わったら、和解交渉が成立するまで、依頼人がすることは、ほとんどありません。

 

この後は法律事務所が、依頼人に代わって手続きや交渉を進めていきます。

 

まず依頼を受けたことを、借り入れをしている全ての金融会社に通知し、これ以降の借金の取り立てを止めるよう、そしてこれまでの取引履歴を開示するように求めます。

 

これで、取り立てがストップします。

 

金融会社から取引履歴が送られてきたら、それを元に利息の見直しを行い、本来払うべき借金額を計算し直します。

 

本来払うべき借金額に沿って和解案を作成し、借金の減額過払い金の請求などの交渉を行います。

 

和解交渉が成立したら通知がきます。

 

その後は弁護士や司法書士の指示通りに、和解条件で決まった金額を毎月返済します。

 

完済までの期間は3年が一般的ですが、交渉によっては5年くらいまで引き伸ばすことも可能です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所