任意整理マイカーローン

MENU

任意整理でマイカーローンはどうなる?

カードローンやキャッシングだけでなく、マイカーローンも任意整理できます。

 

しかしマイカーローンの任意整理には、デメリットもあります

 

それは、車を手放さなければならないことです。

 

自動車をローンで購入するとき、通常は自動車に所有権留保と呼ばれる担保が付きます。

 

所有権留保とは、商品の代金が全額支払われるまで、その商品の所有権は売る側に残るという意味です。

 

つまり、ローンが途中で支払われなくなったら、お店が車を取り上げてしまうのです。

 

公共交通機関が少ない場所に住んでいたり、仕事に使っていたりする人は、車がないと生活ができないので、とても困りますね。

 

しかし、多重債務で苦しんでいる人にとって、マイカーローンの返済は大きな負担です。

 

思い切って手放すことを考えたほうが、借金苦から早く抜け出せるでしょう。

 

また、任意整理後5年くらいは、信用情報にその記録が残りますから、新しくローンを申し込んでも審査に通りません。

 

しばらくはマイカーローンは組めないと、覚悟しておいたほうがいいでしょう。

 

任意整理後の車の購入を考えている人は、ローンが組めるようになるまで、少しずつでもいいから購入資金を貯金しておくことをおすすめします。

 

それでもどうしても車が欲しい場合は、一括払いで購入するか、販売店と交渉をするしかないでしょう。

 

どうしても車が必要であることを伝えて、販売会社の名義でローンを組んでもらえば、審査に通るはずです。

 

しかし、自分名義で申し込んでいないローンですから、後々トラブルに発展するリスクがあることを頭に入れておきましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所