MENU

任意整理では銀行の口座凍結に注意

多重債務などで返済に困り、任意整理をするときに気をつけたいのが、銀行の口座凍結です。

 

弁護士や司法書士に債務整理をすると、まず最初に指示されるのが、口座の整理です。

 

銀行から借り入れをしている場合、銀行は任意整理の手続きが始まったことを知ると、その人の預金口座を使えないように凍結させ、口座の残金を借金の返済に充てるからです。

 

口座が凍結されるとお金を引き出せなくなりますから、その口座の残高を0円にしておく必要があるのです。

 

また、その口座で保険や光熱費などの引き落としをしている場合は、任意整理をする銀行とは無関係な銀行や信用組合などの口座に変更しましょう。

 

特に注意が必要なのは、その口座に給与が振り込まれている場合です。

 

口座凍結をされたら、給料が振り込まれても、口座からお金が引き出せないので、たちまち生活に困ります。

 

一日も早く、自動振込口座の変更を行いましょう。

 

自動引き落とし変更は、銀行の窓口で手続きを行います。

 

任意整理着手後から交渉成立までの期間は、返済をする必要がないのですが、着手日とクレジットカードなどの引落日のタイミングが合わなければ、信販会社などが引き落としをする場合もあります。
弁護士や司法書士は、預金口座の残金を0円にし、自動引き落としや給与振り込みの変更手続きを取ったことを確認してから任意整理に着手します。

 

自動引き落としの件数が多いと何かと面倒ですが、一日でも早く手続きをすませてしまいましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所