MENU

任意整理の交渉期間はどのくらい?

多重債務などで借金の返済ができなくなったら、債務整理をして一刻も早く借金トラブルを解決しましょう。

 

債務整理のなかでも、任意整理はデメリットが最も少ない方法です。

 

任意整理を弁護士や司法書士に依頼すると、依頼者の代わりに、お金を借りている金融会社と個別に交渉をして、借金を返しやすい状態にしてくれます。

 

まず、借り入れをしている金融業者に、これまでの取引履歴の開示を求めます。

 

金融業者から取引履歴情報が送られてくるまで、通常1カ月から2カ月くらいかかります。

 

これをもとに、払いすぎている利息などを算出し、借金の減額を求める交渉を行うのです。

 

借金返済に関する和解交渉が成立するまでの期間は、相手の金融業者の出方や、こちらの弁護士や司法書士の交渉によって変わります。

 

任意整理に応じない金融業者の場合は交渉は難航し、交渉期間が長引くこともあります。

 

交渉が成立するまでの間は、借金を返済する必要がありませんから、和解がなかなか成立しないからといって、焦る必要はありません。

 

通常の交渉期間は3カ月から6カ月くらいかかるのが一般的です。

 

この交渉では、返済期間についての話し合いも行われます。

 

もっとも一般的なのが、3年(36回払い)で完済する和解です。

 

しかし3年では返しきれない場合は、5年(60回払い)くらいまでなら延長に応じてくれる金融会社もあります。

 

それ以上の延長は、弁護士の腕の見せどころになるでしょう。

 

このため、任意整理が得意な弁護士や、司法書士に依頼することが大切です。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所