任意整理必要整理

MENU

任意整理で用意する必要書類

任意整理では相手の金融機関との交渉や、法的な手続きで必要な書類がいくつもあります。

 

しかし弁護士や司法書士に依頼した場合、必要書類はすべて法律事務所が用意してくれます。

 

ただし住民票など本人しか請求できない書類は、自分で用意する必要があります。

 

住民票や収入状態がわかる給与明細書、金融業者と交わした契約書などが必要となりますが、借り入れ状況や借り入れをしている金融会社などによって必要書類は異なります。

 

弁護士や司法書士が必要なものを指示してくれますから、その通りに用意をすればいいでしょう。

 

免許証や保険証などの身分がわかるもの、借り入れをしているキャッシュカードやクレジットカード、収入状態がわかる源泉徴収票や家計簿、認め印などの持参を求められるのが一般的です。

 

このほか、相談をスピーディーに進めるために、事前に借り入れ状況がわかるものを、できるかぎり用意しておくことをおすすめします。

 

返済明細書があれば持って行きましょう。

 

そのような書類がない場合は、借りている金融会社名、借りている額、借りている期間を一覧表にしたものを作って、見せながら相談すると、理解してもらいやすいでしょう。

 

また、銀行のカードローンを滞納していて、保証会社が代理で返済した場合、その通知は必ず弁護士に見せてください。

 

任意整理に取り掛かる前に、銀行の口座凍結に備えて、公共料金の自動引落や、給料の自動振り込みの口座を変更する手続きを取らなければならないこともあります。

 

その場合も、弁護士司法書士の指示に従ってください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所