MENU

任意整理をするときにクレジットカードを残す場合

任意整理をすると約5年間は、信用情報に事故情報として記載されます。

 

この間は返済能力が低いと判断され、新しいクレジットカードを申し込んでも審査に通りません。

 

このため、今持っているクレジットカードを手元に残したまま、借金の整理をしたいと希望する人がいます。

 

任意整理では、どの借金を整理するかは個人の判断に任されていますから、クレジットカードを残すことは可能です。

 

しかし、他の債務を整理している事実が、信用情報に記載されます。

 

これを見てクレジット会社は、今発行しているクレジットの利用を停止させます。

 

任意整理の対象から外しても、使えなくなる場合がほとんどですから、クレジットは使わないと覚悟を決めて、返済に専念することをおすすめします。

 

任意整理を依頼すると、「すぐにクレジットカードにハサミを入れて破棄してください」とアドバイスする弁護士もたくさんいます。

 

任意整理後、クレジットカードを新規に申し込むときは、自分の信用情報を確認してから申し込むことをおすすめします。

 

信用情報機関に本人開示の手続きを申し込めば、自分の信用情報がどのように登録されているかを確認できます。

 

5年たったからもう大丈夫だろうと判断して申し込んでも、事故情報の記録がまだ消えておらず、審査に通らなかったという人は意外に多いのです。

 

申し込んだ人が審査に落ちた記録も信用情報に記載されますので、今後のクレジットやローンなどの新規申込時に不利になる場合もあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所