MENU

任意整理では、どのうよな減額交渉をするのか

多重債務で借金の返済が苦しい、A社の借金を返済するためにB社からお金を借りて返している。

 

このような状態に陥ると、債務整理で借金問題を解決しなければ、破綻してしまいます。

 

任意整理とは、借りている金融機関と借金残高の減額交渉などをして、返しやすくする方法です。

 

減額交渉は、主に利息制限法で定められている利率で計算し直し、本来あるべき元本を算出します。

 

これを基にして、借金を減らしてもらうように交渉をするのです。

 

また、複数の金融機関から借りている借金のうち、1社だけ5万円程度の少額な借金だった場合などは、一括返済するので何割かまけてほしいと減額交渉をするケースもあります。

 

これらの交渉は、弁護士や司法書士の手腕にかかっています。

 

金融業者は、貸したお金を一銭でも多く返してらいたいのですから、減額交渉でゴリ押しをすると交渉が決裂し、任意整理に応じてくれない可能性もあります。

 

交渉は駆け引きが、とても大切なのです。

 

任意整理を頼む弁護士司法書士は、慎重に選びましょう。

 

どんな人にお願いすればいいかというと、借金で苦しんでいる人を、任意整理で救済したいという強い使命感を持っている弁護士や司法書士に頼むことです。

 

そのような人たちは借金のつらさをよく理解していますから、親身になって相談に乗ってくれます。

 

相手の交渉でも強気に出たり、絶妙な駆け引きを行ったりして、少しでも依頼人が有利になるように、和解交渉を進めてくれるのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所