MENU

相談しては、いけない事務所があることをご存知ですか?

任意整理は、裁判所などを通さず直接、金融機関と和解交渉をする債務整理の方法です。

 

この際、自分で和解交渉をするのは、知識のない素人であるあなたにとっては、困難です。

 

ですから、どこかの法律事務所や法務事務所に相談する事をオススメします。

 

ただ、気をつけなくてはならないのは、弁護士や司法書士なら誰でも良いわけではないという事です。

 

結論から言うと、相談してはいけない弁護士や司法書士とは、提携弁護士及び提携司法書士の事です。

 

提携弁護士や提携司法書士とは、貸金業者と提携している弁護士や司法書士のことです。

 

彼らは、提携している貸金業者等に紹介料をもらって仕事をしているので、基本的に貸金業者のために働きます。

 

貸金業者に直接、自分で交渉に行こうとした場合にこの提携弁護士や提携司法書士を紹介される事があります。

 

貸金業者側は、どうせ和解交渉に応じなければならないのなら自分たちの味方での法律・法務事務所に間に入ってもらおうという訳です。

 

提携司法書士や、提携弁護士は、紹介料をくれる金融機関に有利になるように手続を進めますので、あなたのために和解交渉を進める事はありません。

 

では、提携弁護士や提携司法書士を見分ける方法はあるのでしょうか?

 

提携弁護士や提携司法書士は、普段は自身が相談の場に出てくる事はありません。

 

一度も相談の場に出てくる事はなく、事務員などが対応する場合は殆どです。

 

もちろんホームページなどがあっても、自身の写真などをのせている事はありません。

 

顔がわかると、その後の商売がやりにくくなりますし、貸金業者に都合よく手続を進めるだけなので、知識の乏しい事務員の対応でも充分だからです。

 

任意整理の際には、提携弁護士や提携司法書士に気をつけましょう。

 

 

 

 

 

 

 

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所