MENU

任意整理をするとオートローンはどうなる?

任意整理をするときに、オートローンやマイカーローンなどの自動車ローンが残っている場合はどうなるのでしょうか? 

 

通常はローン会社が債務に充てるために、車を回収します。

 

しかし仕事や通院などに使っている人は、車を手放すと生活に支障が出ます。

 

このような場合はオートローンだけを残して、他の借金を整理すれば、車を手放さずにすみます。

 

任意整理は任意という名前がついていることからもわかるように、個人の意志で整理したい借金を選択できるのです。

 

しかし、これまで通りの条件で、オートローンの返済を続けていくのですから、出費が大きくなることを覚悟しておきましょう。

 

自動車を維持していくためには、ローン代の他にもガソリン代や車検代、税金、車庫代などが必要です。

 

トータルでの出費がどのくらいになるかを計算して、きちんと返済計画を立てる必要があります。

 

これを怠ると、オートローンの負担が大きくて、任意整理の返済ができなくなる可能性もあります。

 

返済ができなくなると、自己破産などの手続きに切り替えなければいけません。

 

自己破産をすれば、車を手放さすことになりますから、慎重に考えて結論を出しましょう。

 

また、任意整理をした後に車の購入を希望する場合、約5年間はローンを組めないことを頭に入れておきましょう。

 

任意整理をすると金融機関が利用する信用情報に、事故情報が残ります。

 

この期間は約5年といわれており、ローンの審査に通りません。

 

事故情報が消滅したら、ローンが組めるようになりますが、そのときの経済状態によっては、審査に通らないこともあります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所