MENU

母子家庭で任意整理する時の注意点

任意整理は借金の額がそこまで大きくない、という人が選択することの多い債務整理方法となっています。

 

この任意整理を母子家庭の人が行う時、注意すべきことがいくつかあるのです。

 

母子家庭の人が任意整理によって借金の返済をしていく時、まず気をつけたいのが家族や母親の健康の問題です。

 

母子家庭ですから、母親が1人で働き子どもの面倒も見ているはずです。

 

体力的にただでさえ辛いことが多いのに、借金という問題があることで精神的にも辛くなっていることが多いです。

 

そして、子供のことを考えれば貯蓄もしておきたい、借金を早く返してしまいたい、と考えて無理をしてしまう母親が多いのですが、頑張りすぎて倒れてしまったらさらに大変になってしまいます。

 

心身共にプレッシャーがかかってしまう状況の中、健康的な人でも体調を崩しやすいので十分に注意しなければなりません。

 

生活は多少苦しくなったとしても、借金を完済するために無理をしすぎず安定して働き続けるよう、長い目で見た計画を立てた方が良いでしょう。

 

そして、返済計画を立てる時には弁護士などに相談することになりますが、借金を返済しながら残った収入の中で暮らしていけるか、という不安を持つ人も多いです。

 

将来のこと、子どものことを考えると生活は厳しく苦しい状況となる場合が多いため、子どもを大学へ進学させることを考えれば貯蓄の心配もあります。

 

このようなことを全て含めて考えると、任意整理よりも自己破産の方が良いのではと考えがちです。

 

しかし、自己破産には教育ローンが組めなくなるなど、大きなデメリットやリスクもあり、子どもにも負担がかかることも少なくありません。

 

ですから、毎月支払いがあっても子どもへの負担をできるだけ少なくし、きちんとした返済計画を立て、債権者と上手く和解することが重要になってくるのです。

 

母子家庭の人が任意整理を行う場合、家族も含めて健康には十分注意し、きちんとした返済計画を立てるということが大切です。

 

どちらかが欠けてしまうと、日常生活を送るのが困難になるため、この2つのポイントは忘れないようにしましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所