MENU

任意整理とヤミ金からの借金

ヤミ金からお金を借りてしまい、脅迫まがいの取り立てに苦しんでいる人は、一刻も早く弁護士や司法書士に相談してください。

 

ヤミ金は国が義務付けている貸金業の届けを出さず、違法な金利で貸し付けて、少しでも返済が滞ると悪質な取り立てを行う犯罪者です。

 

このような違法な借金は、返す必要がないと法律で決められています。

 

一般の借金は任意整理などの債務整理で解決します。

 

しかし、違法な貸金業者からの借金は返さなくてもいいのですから、弁護士や司法書士は、解決を依頼されたことを伝える「受任通知」を相手に送ります。

 

この受任通知には、すぐに取り立て行為をやめることや、これまで支払った返済金の返還を求めることなどが書かれています。

 

受任通知を受け取ると、ヤミ金は法律違反で摘発されることを恐れて、取り立てをストップさせますし、残っている借金の返済を要求することもなくなります。

 

しかし、違法な借金だから支払う必要はないと考えて、相手に黙って返済をストップさせるだけでは、取り立てをやめさせることはできません。

 

それどころか、ますます激しい取り立てや嫌がらせを行ってきます。

 

ヤミ金から手を切るためには、法的な手続きを踏むのが一番の早道なのです。

 

そのためには、ヤミ金トラブルの解消を得意とする弁護士などに依頼するのが最も確実です。

 

ほとんどの法律事務所は、電話などで無料相談を受け付けています。

 

違法な貸金業者とのトラブルは、一人で悩んでいても解決しません。

 

どこに相談していいかわからない場合は、政府の法律相談窓口である法テラスに問い合わせてみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所