MENU

任意整理で月々の返済額は幾らになるの?

任意整理をすると月々の返済額が少なくなりますが、この返済額はどのようにして決めるのでしょうか。

 

任意整理にとりかかると、弁護士や司法書士は法律で決められた上限利息に基づいて、引き直し計算と呼ばれる計算を行い、利息制限法の上限をこえている利息分を元本から差し引いて、本来あるべき残高を算出します。

 

弁護士や司法書士は返済計画を立てるときに、「毎月幾らまでなら払えるか」を尋ねてきますから、無理なく確実に払える金額を正直に伝えましょう。

 

例えば毎月2万円なら確実に支払える人で、3件の消費者金融からお金を借りている場合、A社に1万円、B社に6,000円、C社に4,000円など、金融業者からの借入状況などを元に、弁護士や司法書士が振り分けてくれますから、その通りに返していきます。

 

しかし、任意整理は交渉です。

 

相手が交渉に応じないと、話が進みません。

 

金融業者は少しでも早く完済してほしいので、だらだらと返済されるのを嫌がります。

 

通常は3年から5年かけて完済しますが、毎月2万円では5年以内の完済に間に合わない場合もあります。

 

そのときは、長期返済の交渉に入らなければならず、これに応じてくれなければ交渉が難航したり、決裂したりすることもあります。

 

任意整理では、自分が確実に支払える金額を最初に決めておくことが大切です。

 

返済が遅れると残りの借金を全額、一括で請求されるケースが大半だからです。

 

こうなると自己破産などに切り替えなければならなくなります。

 

このような事態に陥らないためにも、無理なく返済できる額で完済を目指すのが鉄則です。

 

事前の返済計画で、弁護士司法書士とじっくり話し合いましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所