MENU

任意整理とはどんな方法?

任意整理とは、借金が膨らんで返済が困難になった場合に、金融機関と交渉して借金額を減らし、月々負担のない金額で返していく手続きのことをいいます。

 

任意整理は、弁護士や司法書士などに依頼して行います。

 

依頼された弁護士や司法書士は、相手の貸金業者に任意整理を依頼されたことを通知し、取引履歴の開示を求めます。

 

この取引履歴をもとに、利息制限法で決められた利率で計算し直し、借金の減額や返済方法などを交渉するのです。

 

和解交渉が成立すると、減額された借金を3年から5年くらいかけて分割で返済します。

 

個人再生や自己破産とは異なり、裁判所を通さずに交渉を進めますから、債務整理の中では、最も制限が少ない解決方法です。

 

また、高い金利で長期間にわたって借りていた人は、これまで払い過ぎていた利息を過払い金請求で取り戻せるので、減額されるどころか借金がゼロになった上に、さらにお金が戻ってくるケースもあります。

 

複数の金融業者からお金を借りて、自転車操業で返済を繰り返している人は、月々の返済額も膨れ上がっているはずです。

 

任意整理をすれば、これまで毎月10万円の返済をしていた人が、3万円の返済ですむようになるなど、月々の負担が軽くなります。

 

任意整理に着手すると取り立てが止まりますし、和解交渉が成立するまでは借金を返済する必要はありません。

 

返済が遅れて取り立てに苦しんでいる人は、一日も早く弁護士司法書士に相談しましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所