MENU

任意整理と銀行のおまとめローン

銀行では複数の借金を一つにまとめて返済しやすくする、おまとめローンサービスを提供しています。

 

任意整理とどちらがお得なのでしょうか。

 

銀行のおまとめローンは保証人が不要で、インターネットから申し込めるので、とても手軽に複数の借金を一本化できます。

 

金利も消費者金融などよりも安く設定されているので、利息も今の借り入れより低くなるでしょう。

 

銀行のおまとめローンのメリットは、この利息が安くなり、借金が一本化できることもありますが、最大のメリットは完済できればブラックリストに載らないことです。

 

ただし、おまとめローンの返済が3カ月以上遅れたら、ブラックリストに載りますし、この時点で債務整理に取り掛かる必要があるでしょう。

 

例えば、最大500万円までを4.9%〜14.5%の年利で一本化する銀行など、それぞれの銀行が特色のあるサービスを提供しています。

 

デメリットはありませんが、借金の元本そのものを減らすことはできません。

 

また、完済までにかかる期間も、任意整理と比べて長くなる可能性があります。

 

一方、任意整理をした場合は、利息の計算をし直して借金の元本を減らし、返済しやすくします。

 

着手後の利息もカットされますから、それ以降支払う必要がありません。

 

このため、利息も銀行のおまとめローンより、さらに安くなります。

 

弁護士や司法書士と返済計画を立てますから、無理無く柔軟な返済プランを立てられるのもメリットです。

 

借金の返済に困っている人は、弁護士司法書士に相談してみましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所