MENU

任意整理にはどんなリスクがあるの?

複数の消費者金融などからお金を借りて多重債務となり、返済が難しくなった場合、債務整理をすれば苦しい借金生活から解放されます。

 

任意整理をすると借金が少なくなって返しやすくなるなど、たくさんのメリットがありますが、その反面、いくつかのリスクもあります。

 

しかし、任意整理は債務整理の中でも、最もリスクの少ない方法です。

 

任意整理とは借金の残高を減らし、月々の返済額を少なくして、無理なく完済していく方法です。

 

通常3年から5年くらいかけて返していきます。

 

任意整理は、お金を借りたクレジット会社や消費者金融と個別に交渉を行って借金を減らします。

 

裁判所を通さないので他人や家族に知られることなく、借金を整理できます。

 

しかし、リスクもあります。

 

それはブラックリストに載ってしまうことです。

 

債務整理をしたという記録が、金融機関が利用する信用情報に記載されます。

 

金融機関にとって債務整理をした人は、貸したお金を契約時の条件で返してくれなかった人ですから、信用できない人と判断されます。

 

任意整理後5年から7年くらいの期間は、この情報が残りますので、その間はお金を貸してくれません。

 

また、個別に和解交渉をするので、相手の金融会社が交渉に応じなければ借金を減らすことができず、今までどおり支払わなければならないケースもあります。

 

和解に応じない金融業者から借りているお金の返済が遅れて取り立てにあっている人は、今後もその取り立てが続くということです。

 

しかし、交渉に応じない金融機関は少ないですから、借金問題は一人で悩まず、弁護士司法書士に相談することをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所