MENU

任意整理と個人再生の違いとは?

多重債務や借金が膨れ上がって、月々の返済が滞るようになったら、一日でも早く債務整理をして借金トラブルを解決しましょう。

 

債務整理にはいくつの方法がありますが、借金の残額を減らし、数年かけて確実に返す方法が、任意整理と個人再生です。

 

この2つは返済方法は似ていますが、システムが異なります。

 

最も大きな違いは裁判所を通すか、通さないかです。

 

個人再生は裁判所を通して債務整理を行います。原則として借金を5分の1に減額し、3年かけて分割返済をしていきます。

 

任意整理よりも大きく借金を減らすことができ、月々の返済がとても楽になります。

 

しかし、裁判所からの連絡が自宅にくるので、家族などに知られることがあります。

 

そして完済後ブラックリストに載る期間も5年から10年と、任意整理より長くなります。

 

また債務整理の中では最も手続きが複雑なので、費用や時間がかかるというデメリットもあります。

 

任意整理では裁判所を通さず、弁護士や司法書士が依頼人に変わって、金融機関に借金の減額交渉を行い、3年から5年かけて分割払いで完済を目指します。

 

裁判所を通さないので、家族に知られることなく債務整理ができます。

 

ブラックリストに載る期間は約5年といわれています。

 

任意整理で月々支払う返済が苦しい場合は、個人再生のほうが確実に完済できるでしょう。

 

どちらを選ぶかは、自分だけで判断せずに、担当の弁護士や司法書士とよく相談して決めることをおすすめします。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所