MENU

任意整理が結婚に与える影響とは?

任意整理をすると、結婚などに影響がでるのではないかと心配する人がいますが、特に大きな影響はないでしょう。

 

任意整理をすると信用情報に記録が残り、およそ5年くらいはブラックリストに載ることになります。

 

ブラックリストに載っている期間は返済能力が低いと見なされますから、自動車ローン住宅ローンを組むことができせん。

 

また、結婚相手となる方が住宅ローンなどを組むときに、その保証人になることもできません。

 

しかし、相手の方にローンを組んでもらい、別の保証人を立てたり、保証会社を付けるローンを選択したりすれば、問題なく融資を受けられます。

 

住宅ローンの負担を考えると、少しでも若いうちにローンを組んだ方がお得です。

 

しかし、多重債務に苦しんでいる人が、住宅ローンの審査に通りたいために、債務整理をしないという考え方は現実的ではありません。

 

多重債務の返済に加え、住宅ローンも支払っていかなければならないからです。

 

将来のことを考えると、任意整理で借金問題をすっきりと解決してから結婚するほうがいいのではないでしょうか。

 

また、任意整理をしたことを相手に隠しておきたい人も多いと思いますが、正直に債務整理をして借金を清算したことを話し、相手に理解してもらうことも大切です。

 

特に結婚した後すぐに、ローンを組むのであれば、事前にブラックリストに載っていることを説明しておくと、あとあとのトラブルも防げるでしょう。

 

任意整理で誠意をもって借金を完済したのですから、恥ずかしがったり、罪悪感を感じたりする必要はありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所