MENU

任意整理を家族に知られない方法

借金の返済が困難になって債務整理をするときに、任意整理を選ぶと、家族に知られることなく借金問題を解決できます。

 

任意整理では裁判所を通さず、個別に金融業者と交渉しますから、裁判所などから家族に連絡がいくことがありません。

 

このため、家族に知られずに債務整理の手続きを進め、借金の完済ができるのです。

 

しかし、家族に内緒で債務整理をしたい場合は、必ず依頼した弁護士や司法書士にそのことを伝えましょう。

 

黙っていると、任意整理に着手したことや返済計画書などが、法律事務所の名前で自宅に郵送されてきたり、電話がかかってきたりします。

 

依頼する時点で、家族に内緒にしたいと伝えておけば、法律事務所からだとわからない方法で、郵便や電話連絡をしてくれます。

 

特に任意整理に着手し交渉を行っている段階では、確認などのために何度も連絡が入ることがあります。

 

十分に注意をしましょう。

 

また、任意整理を始めると、金融業者への返済に使っている口座から預金をすべて引き出す必要があります。

 

その口座を公共料金などの自動引き落としや、給料の振り込みの指定口座にしている場合は、別の口座に変更しなければいけません。

 

こうしないと、その口座が凍結されてお金が引き出せなくなりますし、入金されるお金を返済金として、銀行が引き落としてしまう可能性があるからです。

 

公共料金の引き落としや給料の振込口座を変更することが家族に知られたら、説明を求められるかもしれません。

 

内緒で借金問題を解決したい人は、そのときの口実を前もって考えておきましょう。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所