任意整理デメリット

MENU

任意整理のデメリットとは?

任意整理は、債務整理の中でも最もデメリットの少ない手続きです。

 

唯一といってもいいデメリットは、ブラックリストに載ることくらいでしょう。

 

お金を貸す銀行や消費者金融、クレジット会社などが最も恐れるのが、貸し倒れです。

 

貸したお金をきちんと返してくれる人にしか、お金を貸そうとしません。

 

金融機関では、その人の返済能力を調べるために、信用情報を活用しています。

 

信用情報には、これまでにお金を借りた記録が記されているからです。

 

返済の遅れや、債務整理が行われた場合、一定の期間信用情報に記録が残ります。

 

これを事故情報といいますが、一般的には「ブラックリストに載る」と呼ばれています。

 

これらの情報は、全国銀行個人信用情報センター、株式会社シー・アイ・シー、株式会社日本信用情報機構の3つの組織が、それぞれに情報を収集し、加盟している金融業者などに提供しています。

 

事故情報は、任意整理後5年間記録されます。

 

この期間はお金を借りたり、ローンを組んだりすることはできません。

 

しかし事故情報が消滅すれば、それ以降は任意整理が原因で、借金ができなくなることはありません。

 

また、任意整理の場合は和解交渉が成立したら、借金の総額をそれ以上に減額させることはできません。

 

しかし自己破産などと違い、裁判所を通さずに交渉を進めるので、比較的手続きが簡単です。

 

ブラックリストに載ったことも、金融機関でお金を借りるとき以外は、誰にも知られることはありません。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所