任意整理ブラックにならない

MENU

任意整理をしてもブラックにならない人とは?

借金の返済が苦しくて任意整理をしたいと思っても、ブラックにならないかと恐れて、なかなか踏み切れない人がいます。

 

任意整理をしてもブラックにならない方法があるのをご存じですか。

 

任意整理で過払い金の返還請求をして、戻ってきた過払い金で借金を0円にすれば、借金がなくなりますからブラックリストには載らないのです。

 

しかし、過払い金が借金の残額より少なくて借金が完済できなければ、残念ですがブラックリストに載ってしまいます。

 

それでも過払い金分の借金が減るのですが、以降の返済は楽になるのではないでしょうか。

 

過払い金で借金が相殺できなかった場合、任意整理をしてブラックリストに載る期間は5年間です。

 

それ以降は、記録が抹消されますから、ブラックにならないのです。

 

このブラックリストとは、一体何なのでしょうか?

 

金融機関は貸し倒れを恐れて、お金を貸すときに、その人の支払い能力を調べます。

 

このために利用されるのが信用情報です。

 

ここには過去のローンやクレジットなど、お金を借りた履歴が記録されています。

 

返済が何カ月も続けて遅れたり、債務整理をしたりすると、事故情報として信用情報に記載されます。

 

この事故情報が記載されることを、一般的にブラックリストに載ると呼んでいるのです。

 

信用情報に事故情報が登録されていると、金融機関はブラックと判断しますから、融資やローン、クレジットカードを申し込んでも、審査に通らず断られてしまうのです。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所