MENU

個人再生手続きをすると生命保険はどうなる?

自分の身にもしものことがあった場合に、家族に迷惑をかけないようにするため生命保険に加入している人はいませんか?

 

個人再生手続きをする時に、生命保険はどのような扱いを受けるのでしょうか?

 

個人再生手続きをする時に、別に生命保険を解約する必要はありません。

 

引き続きもしものための保障は受けられます。

 

むしろ解約をしない方が、返済計画を立てる上でプラスに働くとも言えます。

 

生命保険の中には、一定期間加入していると解約した時に解約返戻金が支払われるケースがあります。

 

この解約返戻金も、皆さんの財産の一部と解釈されます。

 

ということは解約返戻金の分だけ、財産を多く持っていると判断されてしまうわけです。

 

その結果、解約返戻金の額が大きすぎると再生計画における返済額も大きくなってしまう恐れがあります。

 

結局返済の負担が増えてしまうのです。

 

このため、生命保険の解約をせずにそのまま個人再生手続きをした方が、後々の返済負担を考えるとむしろ有利とも言えるわけです。

 

生命保険というよりも、保険全般に関して解約をする必要はないと思ってください。

 

この他にも解約返戻金の発生する可能性のある商品に子供の将来のための学資保険があります。

 

学資保険も解約せずにそのままの状態で個人再生手続きを進めてください。

 

しかし最終的な判断をする前に、弁護士などの専門家に相談することです。

 

相談するときには、保険証券なども持参して解約する必要はないか相談してみてください。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所