個人再生ローン組めない

MENU

個人再生をするとローンが組めない

個人再生は、住宅ローンを外してその他の債務を1/5もしくは100万円のうち高い方を3年で返済する計画に作り直せます。

 

住宅ローンが債務整理の対象外になるので、マイホームは温存できます。

 

マイホームを持っている人にとって、かなりメリットの大きい債務整理の方法といえます。

 

しかしいっぽうで、デメリットのあることも理解しておいてください。

 

その中でも大きいのは、しばらく新しいローンを組めないという点です。

 

ここでいうローンとは、ありとあらゆるものです。

 

オートローンのような目的別ローンの他にも、カードローンも組めなくなります。

 

通常ローン借り入れの申込みをすると、ローン会社は融資してもいいか審査をします。

 

この中で、個人信用情報機関で照会します。

 

個人信用情報機関には、皆さんがいつ借り入れをしていつ返済をしたかが事細かに記録されています。

 

その中で事故情報というものがあります。事故情報とは長期にわたって返済滞納したとか、債務整理をしたなどの情報です。

 

返済を巡るトラブルについて書かれていて、事故情報があるとまずローンの審査に引っかかります。よって、ローンが組めないというわけです。

 

ただし個人信用情報に事故情報が登録されているのは、永遠ではありません。

 

通常は、5〜7年程度で事故情報は消えます。

 

過去に個人再生をしても、5〜7年以上経過すればローンを組むことは可能です。

 

そのほかにもクレジットカードを持つのも可能になります。

匿名で借金返済の診断をしてもらうならココをクリック!
↓↓↓↓
街角法律相談所